前へ
次へ

チェックしたいレストランウエディング

レストランウエディングと決めずに、まずは『どんな挙式・披露宴にしたいか』イメージしてみましょう。というのも、会場がレストランであれば、収容人数に限りがあります。招待人数によっては断念せざるをえない可能性もあります。また、季節の行事での予約を優先するのもレストランの特徴ですから、クリスマスの24・25日にはレストランウエディングに応えられないケースも少なくありません。日取りがもしも決まっているのなら、注意したい点です。レストランと結婚式場を比較すれば、設備面ではどうしても劣ってしまいます。失敗談としては、式場にある親族用の控え室やゲスト向けの待合室がなかったことがあげられます。この点なら、事前に下見でチェックできますし、ない場合には招待状にて知らせておく配慮もしましょう。そうすれば、装いをしっかりしてから参加してくれるでしょう。それでも、レストランウエディングの場合には、受付から挙式、披露宴というのが一連の流れで行えますから、移動が少ないという点はメリットです。ですから、足元が悪くなる6月のウエディング時季では、雨降り割という交渉も期待できるかもしれません。また、演出にこだわりたい新郎新婦にとっては、専門結婚式場を選んだほうがいいかもしれません。音響・照明・スクリーンなどの設備が整っているのは、レストランより専門会場です。どうしても演出に制限がでてくる場合があります。しかし、そこをカバーするのは美味しい料理です。また、レストランですから、ゲストとの距離が近い分だけ『アットホーム』な雰囲気で執り行うことができます。招かれるゲストも、アットホームな雰囲気をイメージしてしまうものです。広すぎない空間を利用できるので、気さくに、話しやすい、ゲストとのコミュニケーションやゲスト同士のコミュニティーの場には相応しいでしょう。ゲストにとっては祝福したい気持ちと、美味しい料理を楽しみに参加するワケですから、ここを疎かにしてはなりません。

バフ研磨のことは新潟の研磨屋へ
専門業者にぜひご依頼くださいませ

近づいても本物と分からないほど魅力的な桜のディスプレイ
リアルな色味と質感を持った高品質なオリジナル造花を制作します。

アジア圏に事業や販路を低予算で拡大したい
パル株式会社がそんな不安を抱えている企業様をサポートいたします

消毒薬でも吐水可能な製品も用意しています
次亜塩素酸水など消毒用の液体を使っても腐食しないほど耐久性の高い自動水栓も用意しています。

Page Top