切手はバラではなく可能な限りシートで切手買取へ出す

切手買取店では保管状態が良い切手は、そのよい状態に比例をして、切手の査定額は高値が付きやすいです。ただ切手の状態ばかりを気にするのはナンセンスであり、切手買取店は状態も大事にはしますが、その切手の価値に重きを置いています。だから手持ちの切手では売れないとあきらめる前に、まずは査定へ一度切手を出してみることです。コレクション切手がたくさんあるなら、まとめて数十冊の切手ファイルを出すのも良い方法になります。買取値を高くする手段の一つは、膨大な切手の量をまとめて売ることだからです。自分ではすっかり忘れていたような切手に、査定ではプレミアがつく事だってあります。とりあえずまとめて出してみたら、プレミア切手も紛れ込んでいて、考えていた買取値よりももっと高い値段がつく事もあるので、査定へ出すことです。切手を売るときにはバラの状態か、シートなのかもかなり大事になります。目打ちが切手査定の重要項目となるので、切り離すと目打ちの美しさが損なわれる可能性があるので、可能ならシートでさてへ出すことです。